ブルネイ
PR

ブルネイから船でマレーシア(ラブアン島)へ入国してみた

Moe
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ブルネイ旅行の後、私たちはマレーシアのラブアン島に入国しました。

ラブアン島は、免税地域として有名✨お酒やタバコが、とても手頃な価格で購入できます!

もえ
もえ

ブルネイではお酒が一切買えないため、お酒好きさんはラブアン島で一息つくのもおすすめです。

おっと
おっと

ブルネイからマレーシア(ラブアン島)へ船での入国情報が少なかったので、需要は少ないかと思いますが…この体験をシェアします✨

こんな人におすすめ
  • ブルネイ、ラブアン島間の移動をリサーチしている
  • ブルネイ旅行を検討している
  • 船での入国を体験してみたい!
スポンサーリンク

【場所】Serasa Ferry Terminal

ブルネイのフェリー乗り場は、市街地から少し離れているので、時間に余裕をもった行動がおすすめです。ここまではタクシー(「配車アプリDart」)で行きました。

【出航時間】ここ注意が必要!

オンラインでの時刻表確認はできませんでした!

さらに、毎日の出航時間が固定されていないため、WhatsAppで確認するのがおすすめです!

Facebookでの更新もあるようですが、私の訪問時にはリアルタイムでの情報更新はされていませんでした…。

それぞれ船の種類によって、時刻表が異なります。船の種類にこだわらなければ、毎日運行していますが、それでも1日1、2本。なんとなくでフェリー乗り場には向かわないでくださいね。

【料金&チケットの購入方法】

支払いは現金のみです!!!

ラブアン島→ブルネイの移動より、ブルネイ→ラブアン島の移動のほうがちょっと高めです。

1BND(ブルネイ・ドル)=約108.45円(2023年10月現在)

チケットはチケットカウンターで購入します。(オンライン購入はない)7:30pm-4:00pmオープンとのことですが、早く到着しすぎてもチケットカウンターは閉まっていました。

正直、無事にラブアン島へ行けるのか不安しかなくて、チケットをゲットした瞬間はとっても嬉しかったです。

【入国審査】

入国審査の場所は撮影NGでしたが、荷物の重量制限もなく、スムーズに入国できました。(とても大きい荷物は追加料金になるのかどうかか確認できていません…)

【いざ出航!】2時間の移動

こんな感じの小さめなフェリーでした。ちなみに船内にはトイレはありますが、クオリティーは悲惨です(笑)

船内はこんな様子です。一応映画も流れていました。

移動時間が約2時間あるので、予めダウンロードしたNetflixを楽しんだり、時折うたた寝をしたりして時間を過ごしました。

船はそれなりに揺れるので、酔い止めは必携です!

マレーシア(ラブアン島)に到着!

入国審査では、主にマレーシア人の入国が多く見受けられましたが、外国人専用のレーンは空いていたため、スムーズに入国できました!

入国審査の際には、「何日滞在しますか?」などの質問もいくつかありました。

ラブアン島のフェリー乗り場です。逆にブルネイに向かう場合は、ここに行きましょう。

さいごに

ラブアン島は本当に小さな島なので、1日あれば市内も1周できるほどです。

ブルネイと違うところは、やはりお酒を楽しめることですね。

また免税とういうのが嬉しい!マレーシア人は宗教上お酒は飲まないのにも関わらず、街の至るところにお酒やたばこの店が点在していたのも面白かったです。(昭和時代みたいな小さなお店)

機内預け荷物がある場合、お酒をお土産に購入するのも一つの良い選択かもしれません。

以上、ブルネイから船でマレーシア(ラブアン島)への入国体験をシェアしました。

もえ
もえ

どなたかの参考になれば、とっても嬉しいです✨

スポンサーリンク
ABOUT ME
もえ
もえ
ブロガー | 元看護師
マレーシア在住(もえ)と夫(おっと)の共働き夫婦が、週末を利用して旅行を満喫する様子をお届けします✍️マリオットボンヴォイを利用したホテル宿泊や旅先のおすすめスポットやグルメ情報など、旅行好きな人々に役立つ情報が満載です🌷週末の旅行計画を立てる際に参考になるブログです✈️
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました